スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野の怪物!?

  • 2011/11/15(火) 00:16:43


13日(日)夕方からの課外活動?
 Matchless緑川氏 と メーターサイクル何でもござれナ?藤田氏 と3人でレッツ上野!

目的はコチラ↓↓↓
co-01.jpg

今は倒産して消滅してしまった会社ですが、上京して初めて勤めた会社のコレクションの現在残っている車輌の展示です。
co-02.jpg

平成元年の入社当時、ヴィンテージミュージアムってのがあって古い物の独特の香りがするフロアーで毎日1時間くらい磨いたり掃除を毎朝の開店作業として数ヶ月やりました。当時は約80台くらいあったと思います、中にはビックリするほどの価値のある物もあったようですが、その頃の自分は古い物には興味が無く…

co-03.jpg

あんなにあった他のは何処へ行った? って感じで30台展示してありました。
1920年代~1930年代の物が主で、それなりに痛みもありますが、あまりレストアしていないので、リペイントや後から部品を作り直したりしていない物はソレはソレで価値があるそうです、流行言葉で言うと“当時物”?ウィ。

その訳も解らず掃除をしていた頃、興味が無くても「カッコイイなこれ!」って思っていた
程度抜群の「Vincent Black shadow(ビンセント ブラックシャドー)」が当時ありましたが
残念ながらありませんでした。

co-04.jpg

*このヴィンテージ車輌は展示販売(入札形式)という事です、撮影は固体を写すのはダメで、全体を写すのはOKでした。ちなみに30万~50万のスタート価格(ハーレーやロイヤルエンフィールドの側車付は150万~)入札少なければ…、当然入札中の物もありまして、投資目的の方や会社経営の方、勿論純粋にマニアの方とかが入札中だそうです。

co-05.jpg
入場料¥500 ↑↑↑の本、展示してある車輌のアルバムと上野のバイク王国を築いた“怪物”の物語が少し書かれていてコレを¥1050で買っても入場OK。何も無い店舗に車輌を並べた展示場ですが、博物館のように縄を張られている訳ではないので“本物”を180度舐めるように見れるのは好きな人にとっては価値ありですね。


   では、↓↓↓毎度ですが押してお帰り頂くと嬉しく思います。
  にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

まちゃがいつも、お世話になってます。

しかし、いい味、出してますね。
シートなんて、いい雰囲気で、
マニアには、たまらないでしょうね。
自分も旧車が好きで乗ってますが、
ここまでの年代物は、なかなか、手が出ません。
実際に乗ってる方は、パーツとかどうしてるんでしょう?

  • 投稿者: まちゃのだんなはん
  • 2011/11/15(火) 20:25:41
  • [編集]

まちゃのだんなはん様へ。

どうも、はじめまして! コメントありがとうございます。

流石、ヨンフォア乗りのご主人!目の付け所が違いますね!
全体の雰囲気は当然ですが、シート・タンクやフェンダーなど外装からエンジンの造形、
一つ一つが「これが、このバイクのここ!」って感じで個性がありまね。

すりガラスみたいなヘッドライトやバルブ丸出しのエンジンなど、
当時は気にも止めていなかった部分に魅力を感じてしまいました。

ネットを通して本国から部品を集めている方もいるようですが、
動く形で維持していくには色々苦労があるでしょうね。
*ちなみに展示してある車輌は何十年と動いていない物ばかりですが、
「動かそう!」との意気込みで入札を考えている方も居るとのことです。

  • 投稿者: +ゆーじ
  • 2011/11/15(火) 22:23:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。